奨学金

奨学金

学業成績・人物が優秀で、各種国家資格合格を志す者や経済的理由により修学が困難な者に対して、各種の奨学金を給付・貸与しています。

学内の奨学金制度

奨学金制度名 対象 金額 給付・
貸与
法学部奨学金
(第1種)
特に学業成績・人物が優秀で法学部の教育に関係する難度の高い資格試験、国家試験等資格試験受験または各分野における専門的研究をめざす者または大学院にて研究職を志す者(学部2年次生以上、大学院生) 年額30万円 給付
法学部奨学金
(第2種)
学業優良・品行方正で、保護者の病気などの突発的事由により、学費等の支弁が困難であると認められるもの 学費相当額を限度とする 給付
法学部奨学金
(第3種)
学業成績・人物が優秀で、海外留学を志し、かつ日本大学および法学部の海外学術交流協定校に正規の留学生として留学を許可された者 留学先の授業料1年分相当額及び渡航費用(エコノミークラス運賃額)が上限 給付
法学部校友会奨学金
(第1種)
学部に在学中で経済的事由により学費等の支弁が困難であり、法学部奨学生選考委員会が適当と認める事情がある者 半期授業料相当額を上限とする 給付
法学部校友会奨学金
(第2種)
学部4年次に在学中の学生であり、日本大学大学院法務研究科に入学が許可され、法務研究科への入学を学部に確約した者 年額24万円 給付
法学部校友会奨学金
(第3種)
将来法学部の卒業生または研究科の修了生として校友会活動への積極的な貢献が期待でき、法学部奨学生選考委員会が適当と認める事情がある者 年額12万円 給付
法学部永田奨学金 学業成績・人物が優れており、司法試験・国家公務員採用総合職試験などの受験を志すもの(学部生、大学院生、研究室生) 年額12万円 給付
法学部山岡奨学金 学業成績・人物が優れており、司法試験・国家公務員採用総合職試験などの国家試験受験を志すもの(学部生のみ) 年額12万円 給付
日本大学小澤奨学金 学業成績・人物が優れており、司法試験・公認会計士試験・税理士試験などの受験を志している者 年額12万円 給付
杉林奨学金 学業成績・人物が優れており、弁理士試験の受験を志している者 年額12万円 給付
日本大学特待生 成績優秀・品行方正・身体頑強で所定の単位数を修得している者 (甲種)授業料1年分相当額の半額及び図書費
(乙種)授業料1年分相当額の半額
給付

学外の奨学金制度

日本学生支援機構奨学金は、意欲と能力のある学生に「教育を受ける機会」を保障し、自立した学生生活を送れるよう支援します。先輩が返還したお金が後輩の奨学金になります。奨学金を借り終えた後は返還しなければなりません。

奨学金制度名 対象 金額 給付・貸与
日本学生支援機構
奨学金
※4月に募集説明会を
開催
学部生(第1種奨学金)
成績優秀者
自宅通学:
30,000円もしくは54,000円
自宅外通学:
30,000円もしくは64,000円
貸与
学部生(第2種奨学金) 3 / 5 / 8 / 10 / 12万円から選択
大学院生(第1種奨学生)
成績優秀者
修士・博士前期課程:
50,000円もしくは88,000円
博士後期課程:
80,000円もしくは122,000円
大学院生(第2種奨学金) 5 / 8 / 10 / 13 / 15万円から選択

日本学生支援機構のホームページはこちら

その他の奨学金制度

地方公共団体の奨学金制度として主なものに、福島県、茨城県、岡山県、福岡県等があります

民間の奨学金制度の主なものとして、守谷育英会、山田奨学会等があります。

これらの奨学金制度については、学生課窓口または、出身都道府県市区町村の教育委員会または当該奨学金取扱い機関に照会してください。また、公共団体の奨学金制度は、他の奨学金の重複受給を認めない場合もあるので注意してください。

外国人留学生対象

日本大学創立100周年記念外国人留学生奨学金

外国人留学生を対象とした制度で、以下の条件があります。

  • 大学院・学部・短期大学部に在学し、学業成績・人物が優秀で、かつ健康であり、特待生その他の本学の奨学金を受けていないこと。
  • 本大学以外の他の機関・民間団体等から、大学院の学生については年額72万円以上、学部学生は年額48万円以上の奨学金又は学費援助を受けていないこと。

ただし、国費外国人留学生及び本学と大韓民国大使館との合意書に基づく留学生は対象外です。

学部生 授業料相当額
博士前期課程
博士後期課程

奨学金についての詳細は学生課にお問い合わせください。

日本大学 法学部 学生課
gakusei.law@nihon-u.ac.jp
03-5275-8505