経営法学科
Department of Business Law

概要

経営法学科は、法学部にありながら「経営」の名を冠する、非常にユニークな存在です。ビジネス法、国際法務、知的財産の3つのコースがあり、自分の興味のあるものを自主的に選択し、学べるカリキュラムが組まれているのも特長のひとつです。

企業経営に関連する科目が充実しており、法律の知識をベースに、実際のビジネスの場で活用できる幅広い能力を身につけることができます。経営法学科は、企業経営に関心があり、実践的なカリキュラムを通して、実社会で即戦力として活躍できる能力を身につけたいと考えている人には最適な学びの場と言えます。

コース(2年次で選択)

ビジネス法コース

企業法務や企業リスクに関する専門知識、マーケティングを学び、企業経営にかかわる法知識のプロを目指します。

国際法務コース

グローバルなビジネスの場で、国際取引や国際契約の専門家として活躍したい方のために、実践的な法知識を身につけます。

知的財産コース

特許や著作権などの知的財産の創造・保護・活用システムの理解と知識を習得した、スペシャリストを育成します。

学生・教員数

学生数

4年280人
3年225人
2年231人
1年236人
合計972人

※平成28年5月1日現在

教員数

10人


学生男女比

授業時間

月曜日〜土曜日
1時限9:00〜10:30
2時限10:40〜12:10
3時限13:00〜14:30
4時限14:40〜16:10
5時限16:20〜17:50

取得可能な学位

学士(法学)