プレカレッジ教育

入学前導入教育の一環として、推薦入学試験合格者を対象にして読書ノート添削指導およびプレカレッジ特別講座を実施しています。

読書ノート添削指導

推薦入学試験合格者は、日本大学法学部が指定する図書の中から一冊を選んで読み、著者の言いたかったこと、さらにそれに対して感じたことを800字程度にまとめて読書ノートを提出します。それを法学部専任教員が添削指導をして返却しています。法学部専任教員とのコミュニケーションがここから開始されると共に、法学部に進学してくる過程で是非読んでおいてもらいたい図書が選定されていますので、法学部入学の動機付けがさらに高まることが期待できます。

※昨年度に実施した内容です。今年の事前学習は内容が変更されることがあります。

e-ラーニング学習プログラム

インターネットを活用した入学前教育を実施しました。
全15回のTOEIC講座(英語)やアンケート、クイズ形式の問題等をインターネット上で学習します。
練習問題や、自身の理解度チェック課題が用意されており、パソコン画面上で動画・音声等による解説をおこないます。
これは、大学での学修に入学前から興味を抱いていただけるよう、本学の教員が開発したプログラムです。

プレカレッジ特別講座

プレカレッジ特別講座では、入学する学科の特色に応じたガイダンスと水準の高い講座が用意されています。推薦入学試験合格者は、全学科共通で「憲法」を受講し、その後各学科に別れ、2講座を受講します。
例年、3月上旬に開催される1日のプログラムです。入学直前期の導入教育であり、日本大学法学部生としての自覚をうながし、動機付けの向上に資することができます。

お問い合わせ先

日本大学法学部 教務課

電話 03-5275-8502
email kyomu.law@nihon-u.ac.jp

受付時間

月曜日〜金曜日 9:00〜18:00
土曜日 9:00〜13:00

高大連携教育

協定を取り交わした高等学校の生徒が、大学生と一緒に各学科の基礎を養う科目を受講できます。

高大連携教育とは

日本大学法学部は、「大学と高等学校が連携することにより、学生・生徒が将来的に活動の幅を広げ、豊かな人格を形成することを目的とし、相互に教育上の効果を提供し合い、双方の教育活動の活性化を図るために協定を締結する」ことによって、高大連携教育を実施しております。
 高大連携教育は、平成21年度から実施されています。協定を取り交わした高等学校の生徒が、本学部の科目等履修生として、大学生と一緒に各学科の専門の基礎を養う科目を受講することができます。受講料(出願料、入学金を含めて)は無料です。所定の学習を修めれば、成績評価及び単位が取得でき、また高校卒業後、本学部に入学した場合、「入学前単位の認定」を申請すれば、当該科目の成績評価及び単位が認定されます。

開設科目一覧

平成30年度 日本大学法学部 高大連携教育 開設科目一覧

科目名 担当者 単位 期間 曜日 時間帯
政治学Ⅰ
荒井 祐介 2単位 前学期 5時限目
16:20~17:50
政治学Ⅱ
後学期
公共政策論
水戸 克典 前学期
公共政策基礎演習
後学期
法学Ⅰ
田中 夏樹 前学期
現代メディア
社会論Ⅰ

柴田 秀一 前学期
現代メディア
社会論Ⅱ

後学期
経済学Ⅰ
楠谷 清 前学期
経済学Ⅱ
後学期

高大連携協定校

日本大学高等学校

日本大学櫻丘高等学校

日本大学鶴ヶ丘高等学校

日本大学豊山高等学校

日本大学豊山女子高等学校

日本大学第一高等学校

お問い合わせ先

日本大学法学部 教務課

電話 03-5275-8502
email kyomu.law@nihon-u.ac.jp

受付時間

月曜日〜金曜日 9:00〜18:00
土曜日 9:00〜13:00