キャンパスライフ

学生生活サポート

快適な学生生活のために、さまざまな制度やサポート体制があります。

保健室

保健室は、学生や教職員の健康サポートのため、本館2階に設置されています。 原則として授業開講期間は開室しています。利用時間は、午前9時より午後8時まで、土曜日は午前11時より午後6時までです。毎週火曜日・金曜日午後には、医師の来校があります。

定期健康診断

学校保健安全法および感染症法により、全学生が対象になります。この診断は、自分の健康管理のためだけでなく、集団生活が行われる大学内での疾病予防のためにも必要なので、全学生が受診しなければなりません。就職活動でも必須になります。

学生相談室

学生生活を送るにあたり直面する学業問題、経済問題、人生問題、就職問題、家庭問題、下宿問題などの広い領域にわたって臨床心理士の資格を持つ専門のカウンセラーが相談に応じています。相談室は本館2階(保健室内)に設置されています。

詳しくはこちら

オフィスアワー制度

基本的に大学は高校と違い担任制(クラス制)ではありません。そのような中で、日本大学法学部では、安心して学生生活を送るためのオフィスアワー制度を用意しています。オフィスアワー制度とは教員が曜日・日時を決め、教員の研究室等において相談できる制度です。
このように日本大学法学部ではお子さんが安心して学生生活を送れるよう全力でサポートしています。

学生教育研究災害傷害保険

大学院を含む全学生について、日本大学法学部後援会の補助により、財団法人日本国際教育支援協会の学生教育研究災害傷害保険に一括加入しています。

日本大学校友会準会員診療費助成制度

日本大学校友会制度で、準会員(学生)が日本大学指定の病院で受診した場合、受診料の一部を校友会が負担する制度です。

学生の傷害及び死亡事故等に関する給付金

本学に在籍する学生の正課・課外教育中、または課外活動中などに発生した傷害及び死亡事故等に対する給付制度(「日本大学学生の傷害及び死亡事故等に関する給付金規程」)があります。

日本大学学生総合保障制度(任意)

日本大学と大手損害保険会社4社が提携して、本学学生のために独自に開発した割安な保険制度です。学生自身が不慮の事故によって災害を被ったり、他人に損害を及ぼす事故を招いた時、また、下宿学生が自身の失火によって自室を焼失した時などの補償、あるいは学費支弁者が万一の災害で死亡された時の学業費用の給付等ご子女が安心して学生生活を過ごせるよう補償内容は広範囲にわたっております。

学生寮・アパート・マンション

日本大学では学生寮のほかに,指定不動産業者による通学に便利な数多くの物件をご用意しております。また,法学部ではひとり暮らしのサポートを「株式会社共立メンテナンス」に業務委託し,学生会館やアパート,マンションなどの物件をインターネットでご紹介しています。

日本大学 学生寮のご案内

日本大学指定不動産業者 レオパレス21

日本大学指定不動産業者 アンビジョン

日本大学法学部 推薦学生会館(共立メンテナンス)

通学定期券

通学定期乗車券の購入を希望する学生は、鉄道・バス会社の窓口で学生証を提示し、購入することができます。

学生旅客運賃割引証

通常「学割」と称されている割引証は、旅客鉄道会社等が指定した学校の学生が、実習または帰省等で利用区間(鉄道と航路を含む)の片道が101キロ以上ある場合、学生証とセットで運賃が2割引となります。